レーザー加工(切断・溶接)・曲げ加工・製缶加工ならシンキレーザ

0532-31-1334

会社案内

ごあいさつ

 この度は弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 弊社は社是「感謝と利他」を掲げ、お客様、家族、そして社会に「感謝」する事を基に、少しでもその恩返しとしてお客様、社員とその家族、そして社会のためにお役に立てる会社を目指してここまで続けてまいる事ができました。一重に皆様方のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。
 平成2年の創業以来、レーザー加工の発展に着目し、取分け板金加工分野においてレーザーだからこそできる柔軟な多品種少量生産の自動化に取り組んでまいりました。業界に先駆けて導入した24時間無人稼働のできるレーザー加工機をベースに、曲げ、溶接へと加工範囲を拡げ、今後もレーザー加工の進化を注視しながら常にその最先端の技術を皆様に御提供できるよう、社員一丸となって努力してまいりますので、倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

社  名 株式会社 シンキレーザ
代  表 中嶌 秀樹
住  所 〒441-8011
 愛知県豊橋市菰口町3-22
TEL 0532-31-1334
FAX 0532-32-3667
URL http://www.lastec.co.jp
E-MAIL front@lastec.co.jp
営業品目 ■ レーザ加工
■ 板金加工
■ 製缶加工
■ 溶接
 ・ファイバーレーザ溶接
 ・炭酸ガス半自動溶接
 ・TIG溶接
 ・スポット溶接
資本金 1,000万円
設立年月日 平成2年
従業員 16人
加入団体 中部レーザー応用技術研究会
愛知県精密板金工業会

会社沿革

1953年 6月 豊橋市八通町118番地に中嶌鉄工所を創業する。
鉄骨工事一式を営業する。
1955年10月 新起鉄工所と改名する。
1963年 1月 有限会社新起鉄工所に改名。豊橋市菰口町3丁目に工場移転。
1972年 5月 新起鉄工株式会社に改名。
1988年10月 レーザー加工部門を設立。アマダ製レーザー加工機LCX6510導入。
1989年12月 アマダ製レーザー加工機LC657導入。
1990年 6月 アマダ製パンチレーザー複合機APERIO245導入。
1990年11月 レーザー加工部門を株式会社シンキレーザとして分社設立。
1992年 6月 アマダ製レーザー加工機LCV6510II-PCを導入、24時間稼動開始。
1999年12月 アマダ製レーザー加工機FO-3510導入。社内LAN敷設。
2000年 1月 アマダ製無人材料搬入装置ASF3015をFO-3510に装備。
24時間連続無人稼動を可能にした。
2000年 2月 アマダ製自動倉庫MARS(5x10サイズ39段)導入。
2004年 9月 アマダ製プレスブレーキHDS-8025NT1号機導入。
2007年 3月 アマダ製プレスブレーキHDS-8025NT2号機導入。
3D-CAD Sheetworks導入。
2007年 9月 向洋技研製テーブルスポット溶接機導入。
2015年12月 レーザックス製ファーバーレーザ溶接機FH-300導入。
2016年 5月 アマダ製レーザーパイプ加工機FO-MⅡ-RI-3015導入。
2016年10月 アマダ製ファイバーレーザ加工機ENSIS3015AJ+AS3015導入。